最近注目されているリファラル採用とは

アメリカでは『当たり前』の採用手法

リファラル採用という言葉を最近よく耳にします。弊社でもクライアント様に『広告や人材紹介に頼らない独自の採用力』を付けていただくために導入を検討いただく機会が増えています。

リファラルとは、紹介・推薦」という意味をもつ採用手法であり、具体的には自社に在籍する社員や既に退職したOBなどから知人や友人を紹介してもらい、自社の選考基準に沿って採用を行う手法です。

アメリカでは約85%の企業が導入しているスタンダードな採用手法の一つです。日本では最近注目され始めた「最も旬な」採用手法です。

リファラル採用のメリット

リファラル採用を導入するメリットは、大きく3つあります。

メリット①「採用費の削減」

求人広告への出稿や人材紹介会社への紹介料も必要ないので基本的には採用費はかかりません。紹介した自社の仲間に金銭的なインセンティブを支払うケースもありますが、採用費を考えると格段に安価だと言えます。

また、採用にかかる時間コストも大幅に削減できます。自社の事をよく知っている仲間が紹介するので、自社と相性が良い方の応募が大半です。紹介者である自社の社員がリクルーターとなり、紹介する段階で魅力を伝えてくれます。改めて自社の魅力を伝える動機付けの工数も減り、内定後のフォローも公募に比べれば楽になるため、時間コストの削減に繋がるのです。

メリット②「定着率の向上」

「類は友を呼ぶ」=「良い社員の友達は良い人」。自社や仕事にヤリガイを持って働いている社員が自社の魅力を伝え、興味を持った友人が応募する。その構造でミスマッチが起こる可能性は少なく、定着率が上がるのは当然なのです。

広告や人材紹介という自社をある一面でしか知らない人の場合は、入社後に「こんなはずじゃなかった・・・」という事もお互いに良くあるケースです。リファラル採用は、そのリスクが限りなく低い手法なのです。

メリット③「自分のヤリガイを自覚する機会の創出」

日々の仕事を振り返り、ヤリガイを自ら想起する人はほとんどいません。自分にとっては日常の「当たり前」の仕事も他者から見ると魅力に感じるポイントがたくさんあります。

友人に自社や仕事の魅力を伝えようと思うと、自分がヤリガイに感じている事を可視化する必要があります。その行為を通じて無自覚だったヤリガイが自覚化されるので、既存社員はより一層、主体的に仕事に取り組むようになります。

まだまだ他にもたくさんのメリットはありますが、もちろん導入には大きな障壁もあります。

「社員紹介はうちでもやっている」そういう声は、今も昔もたくさん聞きます。「全然上手くいかないよ」という声もたくさん聞きます。何故でしょうか?

リファラル(社員紹介)の仕組みを可視化しないと、次の打ち手が打てません!

リファラルが定着しない企業は、その工程を可視化していないからです。紹介した方が応募に至れば、人事や経営陣は状況がわかります。

しかし、紹介したけど応募に至らないケースや紹介していない社員の状態はわかりません。もっと言うと、誰が動いて、誰が動いていないのかが全く把握出来ません。

この状態では、リファラルを加速させるために「どのような対策を講じるか」を考える事も出来ません。

リファラル採用の成功は仕組み化・可視化に尽きる!

リファラル採用の成功は、仕組み化・可視化に尽きます。この工程を如何に手間なく行うか。そのためにはツールを導入し、PDCAをしっかりと回す事が大切です。

弊社では、仕組み化・可視化の支援を行い、クライアントの採用を側面から支援しています。

良い人材が採用でき、定着し、出来る事が増える(戦力化)。こうして初めて 事業は前に進みます。

リファラル採用でお困りの企業様は、是非一度、現状について話を聞かせてください。

『フレキシブルワーク社員』募集開始のお知らせ

新しい働き方「フレキシブルワーク」です。在宅勤務など働く場所や労働時間も完全フリーな働き方です。

アメリカでは主流ですが、日本では珍しい就業形態です。

どのような働き方ををしたいのか、何故そのような働き方を選択するのかなど、是非色々と話を聞かせて下さい。

詳細はこちらをご参照ください。

『大学生インターン』募集開始のお知らせ

大学生(1~2年生)の長期インターン募集を開始しました。

「採用コンサルタント」という仕事を通じて、経営者や人事責任者の方々から 採用の目的や求める人物像をヒアリングし、具体的な採用手法や選考方法などを提案する仕事です。

就職活動に役立つスキルがたくさん身に付きます。

詳細はこちらをご参照ください。