会社方針

このエントリーをはてなブックマークに追加

会社方針

働く個人が「仕事が楽しい!」言える環境を創り、日本社会やクライアントの活性化を目指しています。
ヒトはみな、「○○○したい」という気持ち(自己効力感)を持っています。
その気持ちに焦点を当て、個人がイキイキと働く事で企業(組織)は活性化します。
企業の活性化(持続成長)を実現し、日本社会を元気にする一翼を担えるよう、取り組んでいます。


CEOメッセージ

CEO

初めまして。
㈱ラテラルマーケティングジャパンの新井克也と申します。
皆様の会社は笑顔が溢れていますか?
従業員の皆さんがイキイキと働いていますか?
好業績を上げている企業は、従業員の方々が課題意識を持ち、自ら動いています。
意識の高い、能力のある人を採用しているからでしょうか。
もちろん、それもあります。

「2:6:2の法則」をご存知の方も多いと思います。
1.上位2割 … 実績・生産性が高く積極性に優れた優秀なグループ
2.中位6割 … 上位にも下位にも属さない平均的なグループ
3.下位2割 … 実績・生産性が低く積極的に行動しないグループ
上位2割の人だけを集めても、その中で2:6:2に分かれます。
採用だけでは限界があり持続的な成長は見込めません。

つまり、上位2割の方が実践している「成功の法則」を仕組み化する事が重要なのです。
そうする事で「中位6割」の方も苦労なく成果を出す事が可能となり、組織力が上がります。
ヒトは元来、「認められたい」という承認欲求や「○○○したい」という自己効力感を持っています。
仕組み化をする事で、働く人の心に余裕が生まれ、本来持っている気持ちが最大化されます。
結果、従業員の方々は自ら働くようになり、企業業績も加速度的に伸びるようになります。

■持続成長のカギは、「仕組み創り」と「組織創り」
6割の「普通の人」が「普通に働いて」成果の上がる仕組みが出来れば、どのような人が入社しても
短期で成果を上げる事が可能です。
承認欲求と自己効力感を高めるマネジメントを行えば、従業員の方々は自ら動き出すようになります。

■神は細部に宿る
上位2割の方がハイパフォーマンスを上げているのは何故でしょうか。
当たり前だと思っている事が実は重要だったという話を良く耳にします。
顧客が貴社の商品・サービスを選ぶには理由があります。
貴社にしかできない「オンリーワン」を徹底して磨く事こそ、経営に於いて最も重要なのです。

■貴社の持続成長に伴走します
私たちは、一方的に上からものをいうコンサルティングはしません。
皆さんと一緒になって考え、仕組みを創る〝プロセスコンサルティング”という手法を取り入れています。
正解のない世界だからこそ、二人三脚で歩むことを大切にしています。