事業を加速させる資金調達

このエントリーをはてなブックマークに追加

事業を加速させる資金調達

CEO


事業を行う上で重要な資源「ヒト・モノ・カネ」
その中でも資金調達は難しい事のひとつです。
経営者の方々が描いた夢を加速するために、資金調達面からサポートする事業です。

資金調達の仕組み

銀行は「お金を返せそうな人・企業」にしか融資をしません。
経営者は、「この事業に投資してほしい!」という想いからビジネスプランをプレゼンしますが
金融機関は、「返済余力はどのくらいか」を品定めしているのです。
不確定な新事業よりも、売上見立てが容易な事業で余力を見る傾向があります。
つまり、〝金融機関の視点” を理解し、事業計画を立てる事が重要なのです。

『経営革新等認定支援機関』

企業経営をサポートする仕組みとして、「経営革新等認定支援機関制度」というのがあります。
税理士や会計士、弁護士の方々や金融機関が主に認定されているのですが、弊社もその一員として
認定されています。
〝経営のプロ”として、クライアント(企業・個人事業主)の夢を実現するために、事業計画やビジネスプラン
の策定支援を行い、一緒に寄り添って経営アドバイスを行う事を大事にしています。

赤字でも資金調達の可能性はあります

金融機関は「与信余力」つまり、返済能力を見て、返済可能な範囲でしか融資を行いません。
金融機関は慈善事業ではないので、それは当然です。
そういう理由から、赤字の企業に融資は行いません。基本的には。

唯一の例外があります。
経営革新等認定支援機関が、事業の健全化に向けて支援を行う際には、融資の可能性があります。
現事業が厳しく、業態変換などの新事業を行う場合や現在のリソースを利用して新事業を行う等
経営者やその企業が単独で進めるには難しいが、専門家がアドバイスをしながら進めるなら考えましょう
というケースです。

この場合には、支援機関としても高い能力や経験が求められます。
弊社は経営コンサルタントとして、多くの企業や起業を目指す方々の支援を行っています。
その企業が持っている強みを活かし、〝オンリーワン事業” としてビジネスモデルを創り上げる
事を最も得意としています。

どんな事でも相談ください
「こんなアイデアで資金調達できるのか」
「赤字だけど融資を受けたい」
「事業を加速するために何とかしたいが、融資の経験がない」
など、様々な問い合わせをいただきます。
その一つひとつに親身に対応させていただき、可能性を模索させていただいております。
守秘義務がございますので、相談内容が外部に漏れる事もありません。
「こんな話をしていいのだろうか」と考えて動けない事もあると思います。
どうぞ遠慮なく、安心して、ご相談ください。